• ホーム
  • グループで禁煙し心因性の病気を予防

グループで禁煙し心因性の病気を予防

たくさんのタバコ

世の中には、個人的に行うことが好ましいよりも、グループで取り組んだ方が好ましい事案が多々あります。
グループで取り組むべき事案の中に禁煙がありますが、喫煙を続けることは心因性の病気を引き起こすなどの重大な事案に直結します。
禁煙することで心因性の病気に見舞われるリスクが大幅に低くなります。
心因性の病気というのは、手術などの大掛かりな治療をしない場合でも多額の費用が請求されてしまうことがあります。
一般的な病気であれば、診療や通院時に、多額の費用が請求されることはありません。
その理由は、保険が適用される上に、決して困難ではない病気の治癒を目指すためです。
しかし、心因性の病気の場合は、身体に大きな負担がかかることになる上に、治癒が難しいので、医療費が高額になります。

そこで、高額な医療費を支払うことを避けるために、予め禁煙することが好ましいのです。
事前に禁煙ができていれば、当然心因性の病気に陥ることが無いので、病院に出向き高額な医療費を支払う必要もありませn。
ただし、一人で禁煙するというのは、孤独です。
人間というのは、個人的に一つの目標に対して動くよりも、多人数で行動した方が気持ちが高まるとされています。
つまり、禁煙にチャレンジするためには、グループで動くということが最適という事になります。
グループが作れないのであれば、個人的に禁煙を目指す以外に方法がありません。
そういった場合は、煙草のために支払うお金を計算してください。
一般的に、喫煙者が煙草を購入する時には、商品以外に飲み物や、お菓子といった食品も購入するとされています。
禁煙すると、こうした雑費も抑えられるようになります。

関連記事
チャンピックスの使用はうつの人は注意 2019年08月20日

禁煙の手段として効果が高いチャンピックスですが、副作用の問題はあります。これはチャンピックスに限らないのですが、よく効く薬というのはその分副作用に出ることもありますから、その点は気をつけておくといいです。まず禁煙を始めると気分がとても落ち込んだり、強い不安感が出ることがあります。これをチャンピックス...

これからの禁煙の仕方とJTとは 2019年07月26日

1分1秒でもタバコを吸っていない時間があれば、一応禁煙中ということになりますが、禁煙が出来ないといわれるのはその時間を長期にかけて行うことが非常に困難だからです。単純にタバコを止めよう!と思っただけでは数時間後にタバコを吸いたくて仕方がない衝動に駆られます。俗にいうニコチン中毒になっているためです。...

禁煙することで肺機能が良くなる確率は 2019年07月10日

昨今では禁煙を意識している人が多くなってきましたが、それは喫煙によって健康が脅かされる可能性が高まることが医学的にも証明されたことにより、社会全体で禁煙が推奨されているからです。公共施設では禁煙の場所が多くなっていますし、企業でも基本的に禁煙で喫煙コーナーや分煙と言う場所が広がってきているのです。で...

禁煙の年数によって病気へのリスクが減る 2019年06月26日

禁煙の年数によって、体内の病気へのリスクは減少すると言われています。喫煙者が禁煙をして、5年から9年後には、肺がんのリスクは低下すると言われていているのです。病気罹患リスクはタバコを吸わない人と、同じくらいの確率に喫煙者がなるには、禁煙をしてから10年から15年は必要であるとされています。長生きを目...