• ホーム
  • チャンピックスの使用はうつの人は注意

チャンピックスの使用はうつの人は注意

禁煙表示と女性

禁煙の手段として効果が高いチャンピックスですが、副作用の問題はあります。
これはチャンピックスに限らないのですが、よく効く薬というのはその分副作用に出ることもありますから、その点は気をつけておくといいです。

まず禁煙を始めると気分がとても落ち込んだり、強い不安感が出ることがあります。
これをチャンピックスのような薬の副作用だと言われることがありますが、これは薬を服用しないやり方の時でも見られるものですので、薬のせいではなく禁煙を始めたせいでしょう。
病院で治療を始めるとそうなるとも言われるのですが、自分一人で禁煙し始めても同じですから、それも異なります。
あくまでタバコを吸えない不安からくるものです。

ただ元々うつの病気を持っているような人はそれが強くなるかもしれませんので注意は必要です。

うつが既往症の人や気分の変化が大きい人などはそもそも禁煙の手段としてチャンピックスを使用せず、ニコチンパッチなどを用いるようにします。
診療の初めの段階で、うつの傾向がないか、あるならば禁煙にはどういう手段がよいかを、患者と医師がよく相談するといいです。

チャンピックスの副作用とされているものは、のどの痛み、吐き気、食欲不振、下痢、腹部膨満感、頭痛、眠気、めまい、かゆみなどです。
チャンピックスは通常12週飲んでいくものですが、これらの副作用については飲んでいるうちに身体が慣れ、なくなっていく場合があります。
また、改善が見られない場合は、薬の量を減らしたり、頭痛薬や胃腸薬を併用するなどの対策が考えられます。
一般的な頭痛薬などを併用しても大丈夫ですので、もしそういう症状がある場合には一緒に飲むと軽減され、楽になることが多いです。
なお、普段から吐き気が出ることが多い人はチャンピックス以外で禁煙治療していくのもいいです。

関連記事
グループで禁煙し心因性の病気を予防 2019年09月08日

世の中には、個人的に行うことが好ましいよりも、グループで取り組んだ方が好ましい事案が多々あります。グループで取り組むべき事案の中に禁煙がありますが、喫煙を続けることは心因性の病気を引き起こすなどの重大な事案に直結します。禁煙することで心因性の病気に見舞われるリスクが大幅に低くなります。心因性の病気と...

これからの禁煙の仕方とJTとは 2019年07月26日

1分1秒でもタバコを吸っていない時間があれば、一応禁煙中ということになりますが、禁煙が出来ないといわれるのはその時間を長期にかけて行うことが非常に困難だからです。単純にタバコを止めよう!と思っただけでは数時間後にタバコを吸いたくて仕方がない衝動に駆られます。俗にいうニコチン中毒になっているためです。...

禁煙することで肺機能が良くなる確率は 2019年07月10日

昨今では禁煙を意識している人が多くなってきましたが、それは喫煙によって健康が脅かされる可能性が高まることが医学的にも証明されたことにより、社会全体で禁煙が推奨されているからです。公共施設では禁煙の場所が多くなっていますし、企業でも基本的に禁煙で喫煙コーナーや分煙と言う場所が広がってきているのです。で...

禁煙の年数によって病気へのリスクが減る 2019年06月26日

禁煙の年数によって、体内の病気へのリスクは減少すると言われています。喫煙者が禁煙をして、5年から9年後には、肺がんのリスクは低下すると言われていているのです。病気罹患リスクはタバコを吸わない人と、同じくらいの確率に喫煙者がなるには、禁煙をしてから10年から15年は必要であるとされています。長生きを目...