• ホーム
  • 禁煙の年数によって病気へのリスクが減る

禁煙の年数によって病気へのリスクが減る

タバコ

禁煙の年数によって、体内の病気へのリスクは減少すると言われています。
喫煙者が禁煙をして、5年から9年後には、肺がんのリスクは低下すると言われていているのです。
病気罹患リスクはタバコを吸わない人と、同じくらいの確率に喫煙者がなるには、禁煙をしてから10年から15年は必要であるとされています。

長生きを目指すときには、健康寿命を目指しましょう。
若い頃からタバコを吸っていたとしても、思い切って禁煙をするのに、遅すぎということはないのです。
タバコをやめてみると、まずは24時間以内にあるのが心臓発作を引き起こす危険性が低下するということです。
さらにタバコを吸わない生活を1年も経過すると、徐々に肺機能が改善へと向かいます。
さらに頑張って5年以上も経過すると、タバコで心配になる肺がんのリスクまでも低下するようになります。

タバコをやめることによって、ゆっくりと健康な身体を取り戻すことになるのです。
タバコを吸うことで煙が出ますが、これが健康に良くないことは誰でも認識としてあるものです。
タバコの害を連想するのは、肺がんというのがトップでしょう。
呼吸器に関連した病気が、タバコの害とイメージしやすいです。
狭心症や心筋梗塞などの、がんや虚血性心疾患、慢性閉塞性肺疾患などは、多くな影響を受けます。

タバコを吸うことで出てくる煙は多くの有害物質を含みます。
タールやニコチンなどの有害物質はDNAに傷をつけますし、活性酸素をつくったり、細胞の炎症のもとにもなります。
こうして全身の健康状態に悪影響を与えて、健康だった身体を病気にさせてしまうのです。

ですが禁煙をスタートさせることで、体内の健康はゆっくりと良い方向へと向かうことになります。

関連記事
チャンピックスの使用はうつの人は注意 2019年08月20日

禁煙の手段として効果が高いチャンピックスですが、副作用の問題はあります。これはチャンピックスに限らないのですが、よく効く薬というのはその分副作用に出ることもありますから、その点は気をつけておくといいです。まず禁煙を始めると気分がとても落ち込んだり、強い不安感が出ることがあります。これをチャンピックス...

グループで禁煙し心因性の病気を予防 2019年09月08日

世の中には、個人的に行うことが好ましいよりも、グループで取り組んだ方が好ましい事案が多々あります。グループで取り組むべき事案の中に禁煙がありますが、喫煙を続けることは心因性の病気を引き起こすなどの重大な事案に直結します。禁煙することで心因性の病気に見舞われるリスクが大幅に低くなります。心因性の病気と...

これからの禁煙の仕方とJTとは 2019年07月26日

1分1秒でもタバコを吸っていない時間があれば、一応禁煙中ということになりますが、禁煙が出来ないといわれるのはその時間を長期にかけて行うことが非常に困難だからです。単純にタバコを止めよう!と思っただけでは数時間後にタバコを吸いたくて仕方がない衝動に駆られます。俗にいうニコチン中毒になっているためです。...

禁煙することで肺機能が良くなる確率は 2019年07月10日

昨今では禁煙を意識している人が多くなってきましたが、それは喫煙によって健康が脅かされる可能性が高まることが医学的にも証明されたことにより、社会全体で禁煙が推奨されているからです。公共施設では禁煙の場所が多くなっていますし、企業でも基本的に禁煙で喫煙コーナーや分煙と言う場所が広がってきているのです。で...